何?

 「バッチフラワーレメディ(Bach Flower Remedies)とは?

1936年に、英国の医師であるエドワード・バッチ博士によって考案、体系化された植物療法です。
38種の植物のエッセンスを飲むことで、人が感じる様々なマイナス感情を穏やかに鎮めていくことができます。
薬ではなく、副作用も依存性もないことから、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使うことができ、
「飲むだけでよい」という簡単さから、現在英国から60カ国以上の国に輸出され多くの人に愛用されています。


「バッチフラワーレメディ」ってどんなもの?

日本では1995年頃から販売されるようになりました。

東急ハンズやロフトなどの有名量販店や、アロマセラピーやハーブを扱う専門店でも取り扱いが増えています。

ネットショップでもたくさんの店舗が扱うようになりました。

原産国の英国では薬局やスーパーなど街のどこでも売っている日用品です。

小さな遮光瓶に入った植物由来の液体で基本的には飲んで使います。

”オリーブ”や”マスタード”など、38種の植物名で呼ばれるものと、

強いストレスやショックをケアするために開発された「レスキューシリーズ」から構成されます。

38種とレスキューを全種セットで買うことができるスターターキットもありますし、

1本1本、好きな種類のものを単品で買うこともできます。

1回に使う量は2滴~4滴と微量で、複数のレメディをブレンドして、 自分にあったものをオリジナルで作ることもできます。

賞味期限は約3年となっており、変質も少ないことから保管方法に気をつければ長く使うことができます。


IMG_3037

 

心や感情に作用するものです

バッチフラワーレメディは医薬品ではありません。

身体的な病気や症状に直接的に働きかけるものではありませんが、

飲むことによって、深いリラクゼーションを感じることができ、その結果、精神状態が落ち着き、

病気や痛みなどによるストレスが軽減されたという報告はこれまで数多く寄せられています。

心や感情に働きかけ、様々なストレスを和らげるものと理解してください。

具体的な例を挙げると、 ”オリーブ”のエッセンスには、 激しい運動や仕事、夏バテなどによる”疲労感”を癒し、

休息を深くリラックスすることで得られるという働きがあります。

”インパチエンス”(ほうせんか)のエッセンスは、 人のペースに合わせたり、

行列などで待ったりすることが苦手で、 イライラする気持ちを、リラックスすることで和らげます。

もっとも人気のある「レスキューシリーズ」は あらかじめ5種の植物エッセンスが配合され、

強いストレスやショックを総合的に癒すことができます。

ストレスの原因となるマイナス感情は38種あるとされ、 それに対応する植物のエッセンスが使いやすくセットされています。


IMG_6001

 医薬品ではなくリラクゼーショングッズです

とても大切なことですが、「バッチフラワーレメディ」は医薬品ではありません。

 深いリラクゼーションの働きがあることから、心身のバランスをとるのにとても役に立ちますが、
何か治療投薬を受けている方はバッチフラワーレメディの使用に伴って、
自分の判断でお薬や通院をやめることのないようにしてください。
現在、日本でも「バッチフラワーレメディ」を理解し、診療に取り入れる方も出てきていますが、
必ず現在かかっている医師と相談の上、治療や服薬については医師の指示を最優先して従ってください。


誰でも簡単に、安全に使うことができます

「バッチフラワーレメディ」にはまったく副作用がありません。依存性や習慣性もありません。
そのため、治療投薬中の方も、他の治療法を実践中の方も併用することができます。
アロマセラピーの精油には、ひとつひとつ禁忌(タブー)があり、妊婦には適さないものや、
血圧が高い人が使ってはいけないものがあり、その理解が必要になりますが、
「バッチフラワーレメディ」にはその禁忌もないので、
性別や年齢、また状態に関わらず安心して使っていただくことができます。
間違って適さないものを飲んだとしても変化が起こらないだけで、そのことによる不具合がでることはありません。
ストレスを解消し、深くリラックスするために、 自分で色々試しながら最適なものを選ぶことができるようになっています。


エドワード・バッチ博士とは?

edward-bach 
エドワードバッチ博士(1886~1936年) 医学士・外科専門医・公衆衛生学者
植物療法によるメンタルケアのメソッド「バッチフラワーレメディ」の開発者。
バッチフラワーレメディの完成以前から高い評価を受けてきた細菌学者である。
従来の診断・治療法に限界を感じ植物の「癒しの力」に着目し研究。
1935年にバッチフラワーレメディを完成し、翌年亡くなっています。享年50歳。

 

ページ上部へ戻る