認知の違い

 

耳ソロジー®︎開発者のサロン
ラ・シャンスの黒岩ユミです。


月に数日、スキルアップのために学びの日を設けています。
今日は、発達障がいの勉強会に参加してきました。


発達障がいの理解について、
行動の違いや認知の違い等のお話を聞いてきたのですが、
その中でどの人にも通じるコミュニケーションについての話に、大変興味を持ちました。


発達障害の人は、言葉の理解は得意だけど、その言葉と状況を合わせるのが苦手らしい。
例えば、会社で来客があり「お茶を入れて」と言われた場合、
言葉と状況を合わせることができる人は、
「お茶を入れる→お客様に出す」ということができますが、
状況を合わせられない人は、お茶を入れるだけで、
お客様に出すことができないというのです。


確かに「お茶を入れた」ことには変わりないのだけど、
上司には叱られます。
このことが、当人には理解できないというのが認知の違いです。


勉強会では、もっとたくさんのお話をいただきましたが、
ここでの紹介はここまでとして、その後の出来事について触れさせてください。


濃厚な勉強会でのお話を聞いて、帰宅する道すがら、
春休みに入った息子に「ご飯を炊いておいて欲しい」とLINEしました。
帰宅するとご飯は炊かれていました。
が、台所の洗い物は溜まっていて「洗ってくれてもいいじゃん」と言ったら、
「だって言われてない」と返ってきました。
まんまと今日学んだことが、そのまま現実になったわけです。笑


息子は発達障がいではないけれど、
コミュニケーションとは、こうゆうものなのだと実感しました。
「言わなくてもやってくれる」ということは、とてもありがたいことで、
それを「当たり前」と思ったらいけないのでしょうね。


ただ、将来の息子のお嫁さんに迷惑をかけない程度に、
気の利いた息子になって欲しいと思うのでした。
発達障がいの方への理解は、家族や学校、会社だけでなく、
社会全体での理解が必要だと痛感します。
引き続き、勉強していきたいと思っています。







ランキングに参加しています。 

よかったらポチッとしてね♪

↓ ↓ ↓


エステサロン ブログランキングへ 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 

Facebook
https://www.facebook.com/yumi.kuroiwa.1 


Twitter 
https://twitter.com/la_chance_yumi 


サロンのFacebookページ 
https://www.facebook.com/LaChanceYumi

2月 26, 2019