不安がパニックにつながる



耳ソロジー®︎開発者のサロン
ラ・シャンスの黒岩ユミです。


恐れや不安は、具体的に感じる「ミムラス」の状態を放置しておくと、
何が恐いのかわからなくなってしまったり、まだ起きてもいないことで
不安になったりする「アスペン」の状態になっていきます。


その状態で、元々不安として持っていたことが現実として現れると、
人は対応できなくて、パニックに陥ります。


パニックと一口に言っても、ふた通りあって、
恐いと思っていることに遭遇した時に、ジタバタと暴れてしまうような人と、
フリーズして全く動けなくなる人と分かれます。
(シーンによっては、どちらも出る場合も)


暴れてしまうパニックの特徴は
・暴言
・暴力
・暴飲暴食
・暴走
など、過剰に体が動くことです。


フリーズは、そのまま「全く動けなくなる」のが特徴です。
思考も停止。何も考えられない状態になります。


どちらのパニックも、事態を悪化させます。
なので、パニックにならないことが大事。



パニックを予防できるレメディは



6.チェリープラム

ストレスが溜まると発散したくなる人、
特に暴飲暴食や大声を出したくなる時、
暴れたい衝動の時に効果を発揮します。




26.ロックローズ

ロックがかかってしまったように、
フリーズして動けなくなるタイプの人はこれ。
思考停止で、何をどうしたらいいのだろう…と
途方に暮れてしまう時にぴったりです。



どちらのタイプも一見パニックに感じられないと思いますが、
パニックとはこうゆうものです。
でも、当事者になったら、こんな冷静に内観できないので、
この二つのレメディは予防として飲んでおくと、
パニックになりにくくなります。


自身が、パニックになりやすいと思っている人は、
ぜひお手元に置いてください。
香りはなく、原液のまま飲めます。
直接舌下に二滴、または飲み物に二滴入れて飲みます。
パニックにならないようにできます。






ランキングに参加しています。 

よかったらポチッとしてね♪

↓ ↓ ↓


エステサロン ブログランキングへ 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 

Facebook
https://www.facebook.com/yumi.kuroiwa.1 


Twitter 
https://twitter.com/la_chance_yumi 


サロンのFacebookページ 
https://www.facebook.com/LaChanceYumi

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする