ヴァチカン美術館・彫刻編



耳ソロジー®︎開発者のサロン
ラ・シャンスの黒岩ユミです。


今回はイタリア吉方位取りのヴァチカン美術館の彫刻編。
天井画編はこちらからご覧ください。


地下鉄A線のオッタヴィアーノ駅から徒歩で移動。
たくさんの観光客が歩いているので、その後ろを付いていけば、
道に迷うことはありません。


5分ほど歩くとヴァチカン美術館入口です。


ネットであらかじめ、予約しておいたので、
受付でバウチャーを見せて、チケットと引き換え。
すんなりと入場できるので、日本で予約してから行くのが
おすすめです♪



とにかくたくさんの美術品が集められているヴァチカン美術館は、
たくさんの美術館で構成されています。


まずは


【エジプト美術館】


入り口と思いきや、これは出口。
向こうから出てくる仕組みです。




何かを見守っているような配置の彫刻群。




立派なアヌビスも見守る。




猫はエジプト人にとって、神様。





鳥の顔をした人。
鷲を神格化したもの。王権の象徴。




【ピオ・クレメンティーノ美術館】


八角形の中庭の中心から。




ラオコーン群像




おそらくシピオーネの石棺



ペルセウスの像



【動物の間】


残酷な彫刻が多くありましたが、
弱肉強食を表しているのだと思いました。








【ミューズの間】


ベルヴェデーレのトルソは
ミューズの間の中央で目を引きます。



【円形の間】


天井はパンテオンに似ている。。



周囲にいくつもの像がズラリ。



顔認証して遊んでいた、彫刻たち(笑)



もう、ここまでくると、彫刻に飽きて、
何をみても同じに思えてしまうのが、勿体無いですね(汗)






【二輪馬車のサロン】


なぜかひときわ、人だかりができていました。




【新回廊】


子だくさんのお父さん。笑←ふざけてる

 



と、お母さん。笑←ますますふざけてる




これはあの有名なロダンの「考える人」
ここは真剣に。笑



壁から腕が生えたかのような展示。
三男が握手。




【ピーニャの中庭】


すぐそばには屋外カフェもあって、
一休みできます。


寒かったから、カプチーノが美味しかった♪



このペローニ社のビールはホント美味しいです!
(イタリアにいる間、ほぼビールばかりだった三男)





美術館の中には、フードコートのようなところもあるので、
一日見学するのに、困りません。
だいぶ歩くので、大変疲れますから、休憩しながら
楽しむのがいいかと思います。



まだまだ、たくさんご紹介したいですが、話が尽きないので、
あとはぜひ、吉方位の時に行ってみてください。



イタリアの一月は、関東の冬とほぼ変わらない気温です。
混んでないので、オススメします♡



イタリア吉方位取り記録にお付き合いくださいまして、
ありがとうございました!








ランキングに参加しています。 

よかったらポチッとしてね♪

↓ ↓ ↓


エステサロン ブログランキングへ 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 

Facebook
https://www.facebook.com/yumi.kuroiwa.1 


Twitter 
https://twitter.com/la_chance_yumi 


サロンのFacebookページ 
https://www.facebook.com/LaChanceYumi

2月 14, 2019