冬の寒暖差疲労



耳ソロジー®︎開発者のサロン 
ラ・シャンスの黒岩ユミです。


ここのところニュースでよく聞く「寒暖差疲労」
冬から春と、夏から秋の変わり目で起きる現象。
その言葉の通り、寒暖差によって疲れてしまうことです。


三寒四温のこの季節は、気温が上がったり下がったり、安定しないですね。
この気温の乱高下は、自律神経を乱れさせ、ストレスを感じやすくなったり、
めまいや肩こりなどの不調も出やすくなります。


疲労というくらいだから、当然、疲れを感じる。
そして、だるさも感じます。
それだけなら、大したことないと思うかもしれないけど、
実は急に気温が下がることで、血管が収縮し、血圧が上がります。
この寒い時期の部屋の寒暖差を感じている方もいるのでは?


血圧が上がると動脈硬化になりやすいので、
血圧に大きな変化を与えない方がいいのです。
なので、せめて室内だけでも寒暖差を作らない工夫をするといいです。


お風呂に入る前は、お風呂の蓋を開けておいたり、
シャワーを前もって出しておいて、浴室内を温めておく。
寝室も寝ている間は、寒いくらいがいいけれど、寝付くまでは暖かくしておきましょう。



寒暖差疲労による血圧の上昇を避けるために 身体を温めるといいようです。
「温かいものを食べる」
「温かいお風呂にゆっくり浸かる」
などをしたらいいのだけど、
冬でもコタツでアイスを食べたり、お風呂もシャワーで済ましたりしてませんか?
めんどくさいからシャワー。コタツに入ってアイスが止められない人は、
ぜひ!じんわり内部があったかくなる 耳ソロジーをしてください。


人にやってもらう方が断然気持ちいいけど、
自分の手で、手の空いた時に手軽にできるのがいいと、
喜びの声をいただいています。


画像の場所を揉んでください。

自律神経のバランスも崩れやすくなるから、 「神門」も合わせてどうぞ。
耳尖は高血圧にも有効なツボです。


日頃から血圧が高めの人は、
ここも合わせて揉んでおくと血圧上昇を抑えてくれそうです。
人差し指と親指を使って耳を挟み、 痛くない程度に揉んでみてくださいね。



そして、寒くても水分補給をお忘れなく。      
耳ソロジーのセルフケア講座も定期開催していますので、
自分の体調管理を積極的にしたい!と思うなら、
ぜひご参加ください。



春ももうすぐ!
「暑さ寒さも彼岸まで」です♪

 

 

 


ランキングに参加しています。 よかったらポチッとしてね♪ ↓ ↓ ↓


エステサロン ブログランキングへ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Facebook(リクエストお待ちしています)
https://www.facebook.com/yumi.kuroiwa.1


Twitter(フォロー返し100%です)
https://twitter.com/la_chance_yumi


サロンのFacebookページ (サロンのイベント情報等を発信しています)
https://www.facebook.com/LaChanceYumi

2月 7, 2019